BXI Builingual System started translating.
Language
2020.10.14

4ヶ月ビザで来日して会社を作る

ビザの中に経営者用の短期ビザ(4ヶ月ビザ)があります。
日本にいない外国人が日本で会社を作れるようにとできたビザです。
しかし、このビザで入国しての会社設立は難しいという他ありません。

それは日本で部屋を借りるときに、短期ビザでは貸してくれないことが多いからです。
そして、住所が確定しないと銀行口座も開けません。

このビザを使っても来日しても、無駄骨になる可能性が高いです。

では実際はどのようにしているのでしょう?
何らかのビザを持ち、中・長期的に日本にいる外国人が日本で会社を設立するのは問題ありません。
それ以外の人は、日本での協力者を探すのが一般的だと思います。
この協力者は日本人である必要はなく、外国人でも構いません。
2020.08.11

4ヶ月の経営管理ビザで会社設立

海外在住の外国人が日本で会社設立をする為に2015年にできた「4ヶ月の経営管理ビザ」が新設されました。
これを使って日本で会社を設立したいと相談される事があります。
しかし、なかなか難しいのが現実です。

先ず、「経営管理ビザ」を取得するためには、「会社登記」「事務所の確保」が必要です。
「会社登記」する為には、日本の銀行に口座を作る必要がありますが、「4ヶ月の経営管理ビザ」がないと口座が開けません。
口座がないと、資本金の振込ができません。

「会社登記」には「会社事務所」住所も必要です。

「会社事務所」は印鑑証明が大概必要です。
印鑑証明も定住者でない外国人の場合は、「4ヶ月の経営管理ビザ」が必要になります。

「会社登記」「事務所確保」には「4ヶ月の経営管理ビザ」が、
「4ヶ月の経営管理ビザ」には、「会社登記」「事務所確保」が必要と言われます。

結局できません。

一つの解決方法としては、日本での協力者を探すことです。
日本人でも外国人(短期ビザ所有者は不可)でも構いません。
役員として協力してもらうのです。
ビザを取得後に役員を退いてもらう事は可能です。