BXI Builingual System started translating.
Language
日本語学校設立

日本語学校の設立をサポートいたします

しまお行政書士事務所では、日本語教師としての経験や今までの経験により、日本語学校の設立サポートにも力を入れています。

最初の段階でしっかりと計画を練ることをお勧めします。

無料相談・現地視察も可能です。お気軽にお問い合わせください。

日本語学校設立の流れ

日本語学校の設立は書類の提出時期が決められています。(4月、10月)

また、書類提出先と学校の実地調査は入国管理庁、ヒアリングは文科省、認可回答は法務省となっていて複雑です。
入国管理庁への書類提出の前には、学校の建物だけでなく備品も揃っていなければならないとか、授業カリキュラムや時間割などを決めていなければならないなど、一種独特なものがある上、書類提出後、開校までに1年以上かかったりします。

4月申請および10月申請で、準備期間が異なりますので、以下ご参考までにご確認ください。
10月申請
4~6月
7~9月
10月
~12月
1~3月
~4月
~5月
~6月
7~8月
9月
~10月
土地、建物、教員、職員の確保
入管に提出する書類作成
入管に書類提出
校舎(実地)調査
文科省ヒアリング
追加書類作成
入管より告示
新入生の申請書書類作成
入管に書類提出
学生の在留資格認定書交付
ビザ交付/新入生入国
書類作成から提出までをサポートさせていただきます。
※自国で学生が提出
4月申請
10~12月
1~3月
4月
~6月
7~9月
~10月
~11月
~12月
1~2月
3月
~4月
土地、建物、教員、職員の確保
入管に提出する書類作成
入管に書類提出
校舎(実地)調査
文科省ヒアリング
追加書類作成
入管より告示
新入生の申請書書類作成
入管に書類提出
学生の在留資格認定書交付
ビザ交付/新入生入国
書類作成から提出までをサポートさせていただきます。
※自国で学生が提出

こんな方におすすめ

・外国人が日本で働くための、日本語学校を設立したい
・日本文化を学ぶための、日本語学校を設立したい

主な費用

依頼に必要な項目をお選びください。
書類代行作成(書類提出後の補正含む)
600,000円
各種立証資料の作成コンサルタント
200,000円
提出用ファイルの作成
・提出用:提出書類1部+立証資料3部
・保管用:提出書類1部+立証資料1部
50,000円
書類提出代行
30,000円
実地調査の立ち合い
20,000円
文科省ヒアリング対策
200,000円
※出張コンサルタント 10,000円/時間(依頼内容に2を含む場合は不要) ※実費、消費税がかかります

日本語学校設立に関する新着情報

2020.08.23

日本語学校設立の準備③(主任教員について)

日本語学校を設立するためには色々な工程があります。
最短でも1年半ほどはかかってしまします。
日本語学校設立の準備に必要なことを何回かに分けて書いていこうと思います。
3回目は「主任教員について」です。

3回目
主任教員について

入管書類の提出書類の中に、主任教員の項があります。
入管に書類を提出する時点で学校に正式に採用されていなければなりません。

経費を抑えるために、主任教員をギリギリで採用することを考えている方も多いようです。
しかし、得策ではありません。

提出書類の中に、授業のクラス毎のカリキュラム、先生別のカリキュラム。
また学校に所蔵する教材のリスト作成などがあるからです。

これらのものは、実際に日本語学校で教えていた者でなければ作成、準備できないでしょう。
実際には、学校設立を決めた時から早い時期に主任を見つけ、協力してもらう必要があります。
2020.08.18

日本語学校設立の準備②(校地・校舎の確保)

日本語学校を設立するためには色々な工程があります。
最短でも1年半ほどはかかってしまします。
日本語学校設立の準備に必要なことを何回かに分けて書いていこうと思います。
2回目は「校地・校舎の確保」です。

2回目
校地・校舎の確保

日本語学校を経営するためには、学校が必要です。
校地・校舎には条件があります。

原則として校地・校舎は自己(会社)所有であること。
 (賃貸の場合は、留学生受け入れから20年以上の賃貸保証があること。)
校舎面積は115㎡以上、生徒1人当り2.3㎡以上。
トイレはもちろん保健室や図書室があること。
教員と事務員のいる場所が分けられていること。

入管に申請書類を提出する歳、図面も提出しますし、図面と齟齬がないか入管の職員が来てチェックをします。
教室の各辺の長さを図り、トイレの数を数え、机の配置まできっちり調べていきます。

意外に見落としがちなのは、学校周辺の環境です。
学校が住宅地にある場合は、その地域の住民が外国人に慣れているかどうかを気にする必要があります。
外国人を見慣れない地域の住民からすると、一つの建物に外国人が朝に昼に出入りするのは異様に映ります。
後々の住民とのトラブルを抑えるためにも、学校を作る際には周辺への告知と理解を得られるようにした方が懸命でしょう。
2020.08.11

日本語学校設立の準備①(学生の確保)

日本語学校を設立するためには色々な工程があります。
最短でも1年半ほどはかかってしまします。
日本語学校設立の準備に必要なことを何回かに分けて書いていこうと思います。

1回目は「学生の確保」です。

1回目 学生の確保  
 日本語学校の経営が始まると定期的に学生を入学させなければなりません。
これは結構大変な事です。しかも新設校はなかなか学生が集まりません。  
学生が集まらない理由として、実績がないからです。 留学生が日本語学校へ来るのは、日本の大学や専門学校へ進学するためです。
ですので、その日本語学校の大学、専門学校への進学実績をチェックされます。

 余談ですが、日本語学校の設立相談を受けるときに「勘違い」されている方がいます。
日本語学校の設立趣旨は、日本の専門学校や大学へ進学するための日本語や習慣を身に着けることであり、
就職を目的としてはいけないのです。   
 日本語学校へ入学した後、日本の会社に就職している人はいます。
しかし、入管はその学校の就職率のチェックをしていて、あまりにも進学率よりも就職率が高いと判断すれば、
最悪日本語学校の認可が取り消されます。


 新設校は実績がありませんから仕方のないことです。
その対処方としては、進学実績以外の学校の魅力やメリットをアピールするしかありません。    

 HPを作って、募集しただけでは学生は集まりません。
今どきHPのない日本語学校はありません。 それは差別化にはならないのです。  
やはり現地へ行くしかありません。
定期的に現地の学校や仲介業者に顔を出し、粘り強くアピールするしかないのです。
日本語学校は小規模経営が多いので、学校内の業務も募集も一緒にしている所があります。
中には、日本語教師をしながら学生募集もしている所もあります。  

 しかし、長く日本語学校経営ができている所は、学生募集が大事である事を知っています。
それらの学校は開校後早くから、募集専門の職員・社員がいます。
彼らは他の業務はあまりしません。
もっぱら学生募集です。  

 私の知っている日本語学校でも募集専門の方がいます。
その学校は募集専門の職員が4,5名います。
それぞれに担当地域(国)があり1年を通して、あまり日本国内にいません。
ずっと担当地域を周り募集活動をしています。  

 理由として、同じ所に何度も通わないと信頼関係ができないということと、 年中学生募集をして回らないと、定期的に学生が集められないからです。  
ここの学校の人達は、同じ場所から何回も留学してくれることはラッキーくらいにしか考えていません。
常に新規の場所を探しています。

ですので、日本国内に仕事を持っていては動きにくいのです。  

 集める学生もできる限るいい人達でなければなりません。
学生が次の学生を呼び込むのです。
日本語学校の評価は大学や専門学校への進学率です。
HPに進学率がない学校に入学を希望する学生は少ないでしょう。
また、在学中にN2、N1の合格したり留学生試験で高得点をとる学生がどれだけいるかというチェックもされます。
進学率や各種の試験に合格する人が多ければ、 学生が集めやすくなります。  

 日本語学校の設立を決めたときに、良い日本語教師を採用したいとは思いつく経営者は多いですが、 よいリクルーターを見つけるということも念頭に置く必要があると思います。  
現地の仲介業者を見つければいいじゃないかという考え方もあります。    
この考え方は間違っていないと思いますが、その人達は他の日本語学校の仲介業者でもあります。
必ずしもいい学生を送り出してくれるとは限りません。
仲介業者を併用しながら、自前でも学生募集をしていくべきだと思います。
2020.07.04

迎える側も勉強が必要です

迎える側も勉強が必要です

しまお行政書士事務所

大阪府大阪市東淀川区下新庄6-4-3-505

https://visa-shimao.jp/

お問い合わせはこちら→TEL/FAX 06-6195-8454

#行政書士 #大阪市 #しまお行政書士事務所

#外国人雇用 #日本語学校設立 #ビザ申請 #在留資格申請 #帰化 #永住権 #高度人材ビザ #visa

#新着情報

#ブログ

#外国人雇用情報

#ビザ在留資格情報

#日本語学校設立情報
2020.05.21

【FAQ】日本語学校設立には、どれくらい期間が必要ですか?

しまお行政書士事務所では、日本語学校の設立には、準備期間が約1年半は必要と考えています。

書類の提出時期は、4月と10月に決められており、
また、書類提出までに、校舎や備品や先生など、準備しておかないといけないため、すべて整うのに時間がかかるものです。

煩雑な申請に関して、最初の段階でしっかりと計画を練ることをお勧めします。
しまお行政書士事務所では、書類作成から提出までのサポートはもちろん、オプションで文科省のヒアリング対策にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

詳しくは日本語学校設立についてをご確認ください。